« 2012年11月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年2月

2013年2月19日 (火)

CheeRing Festa 2013

CheeRing FestaはCheeRing Schoolの大イベントの一つ、CheeRingスピリットがいっぱい、つまった活動です。
はやくも4回目のFestaを迎えることが出来ました。
ご協力、応援頂いているCheeRingファミリーのみなさまに、心から感謝申し上げます。

CheeRing Festa(以下Festa)が一般的な発表会でもなく、大会でもなく、パーティー的存在なニュアンスがつまったCheeRingらしい時間。
Festaはメンバーやファミリーにご理解頂きながら、一緒に作り上げてきたと思っています。
そして、「一般的な発表会的の枠を超えた空間を作りたい」という想いは、今後も持ち続けたいと思います。
なかなか想いを形にするのは難しくも、ひとつひとつ、ひとりひとり、こつこつとやっていくのがCheeRing School の特徴でもあるとつくづく感じています。
もちろん、校長として、日頃のレッスンや活動の成果を存分に発揮できること、それを仲間と実現できることはとても素晴らしいことですが
完璧なダンスやチアのステージパフォーマンスだけを一番にのぞんでいる訳ではありません。
ファミリー含め、自分自身の表現を自由に出来る場であって欲しいのです。
パフォーマンス以外の時間でも、「今、こんな事ができるなぁ」「こんな事したい」と自分で感じたり・・・。
また、間違えてしまった時に何をするか、緊張しちゃった時にどうするか、予測しない場面にあった時に何をするべきか・・・。
毎日変化するこの世の中では、そんなことは日常茶飯事ではありませんか?
その状況で、どんな協力をし合うか、どんな表現をするか、を考えて行動することの方が、教科書通りのシナリオにそって行動するよりも、よっぽど頭を使うのです。
CheeRing メンバー もファミリーも先生達も、校長も色々な協力をしたり、得たりの経験が、このFestaを作りあげています。
そして、会場のみんなが全員で思いっきり自由に表現ができる、楽しめることができるいい空間になることを目指しています。
FestaでのCheeRing メンバーやファミリー自らのアイディア提案であったり、観客席から応援の声が自由に出てくる様になった第4回目のフェスタはそういった意味の大成功であったと思います。
今後ともファミリーの皆様、暖かく見守っていって下さい。
Thank you very much!!
そして、この経験から子どもたちの可能性がさらに広がること、
また、来年のFestaではいまの仲間に加え、また新たな仲間(メンバーやファミリー、応援してくださる方々)が増え、一緒に、想いをシェアできることも楽しみにしています。
<参考>
Festa の振り返り

第1回目のFesta 「なんか楽しくなっちゃう」  CheeRingファミリー、特に参加の多いお母様方 。おとなの女性の皆さんがドレスアップする様なパーティー感覚で、わいわい楽しい中で、メンバーのみんながパフォーマンス出来れば・・・というスタートでした。
※お母様方の一部では、「ドレスアップってどんな格好ですか?」という質問が多く出た1年目。自分で「楽しくなっちゃう!!」服装がドレスアップです。いまではこんな質問もすっかり無くなりましたね。
第2回目のFesta 「CheeRingの新しい取り組みを考えよう」 CheeRing the World 発足。 自ら考えたものをスクール全体の企画に繁栄するという課題を提案させて頂きました。そしてもちろんのこと今後もさらに続きます。
第3,4回目のFesta「想いを形に。チアのパフォーマンス以外の場でも【自由な表現力】を発揮」
第3,4回目は、Sing、世界の言葉、ファッションショー、Voice、ディスコ等のプラスαな表現の場をクリエイトしました。


例えば Singってどんな学びの場になるんでしょうか?
これを気がついた上でチャレンジするかしないかで学ぶものも変わってきます。

1、目の前にいる先生から教わるのではなく、 Youtube というツールを使って Shaunte‘からのダンスを得る事が出来ましたか?
それはダンスの振りだけですか?他にも何か得ようという意識は働きましたか?

普段のレッスンのように、目の前で教わる事のできる環境にあることは貴重です。目の前で教えてもらう時間の貴重さを感じる事でレッスン時の集中力を高めましょう。

2、 Don’t worry Be happy という意味を考えましたか?

チアのコールもそうですが、メッセージを理解した上で気持ちを込めて表現してみましょう。家族に伝わったかな?


3、大きな声で歌ってみましたか?

日本語以外の言語で大きな声で表現することで、大きな自信に変えて行って欲しいです。
世界の場に出てみて感じた事ですが、例え英検◯級でも、 TOEIC◯点でも、社交の場で話をしていない、コミュニケーションが得意ではない日本人をよく見かけます。
目的がコミュニケーションならば、完璧な語学力である必要はありません。まず、話してみる事、その姿勢や気持ちが大切なのです。
※その後、「あの日本人の言っている事はわからない」と言われてしまったら、その時にまた学べば良いでしょう。
目的が大きな声で歌うことならば、完璧な発音である必要はありません。まず、発してみる努力も必要なのです。

4、ダンスに集中してしまいましたか?それとも歌に集中してしまいましたか?

プロのチアリーダーは決まったダンスや動きを単純に踊りながら応援していれば言い訳ではありません。
音楽を聞きながら、踊り、応援をし、観客の目を見ながら、試合も見ている。
コーチからの指示にも耳を傾け、チームメイトとの強調性を感じ、そして、楽しく活動しているのです。
Sing の活動を通して、歌を歌いながらダンスをするスキルを得てしまいましょう!
ただ、リズムにのるだけでもいいのです。そう!自由に表現すればよいのです。


完璧にこなす必要のないステージですから、それこそ楽しくやるのがこの Sing!
来年も是非、チャレンジしてみましょう!

| | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年5月 »